困惑する難しい産廃選別は業者に丸投げ|テキパキ進みます

使い終わった油の廃棄方法

エコ

廃油のリサイクルは業者に委託することでリサイクルする設備がなくても廃油の処理ができます。業者を選ぶ際には不法投棄をしていないか自分たちの目で確認して、都道府県から認可を受けている業者さんに依頼するようにしましょう。

もっと見る

産業廃棄物処理のメリット

解体工事

産廃処分は企業にとっての大きな課題です。マイナスのイメージがある産廃処分にはお金をかけたくありません。そこで、3Rの理念に基づき、産廃そのものを減らしたり、再利用、再加工の技術を発展させることが重要です。その処分の過程で破砕は有効な手段です。破砕により分別、再加工を容易にすることができます。

もっと見る

産廃処理は業者に任せる

作業者

家電の産廃は業者に任せる

家電などを販売していると産業廃棄物の処理に困ることがあります。新品の商品をお客様の自宅で取り付けると、それまで使っていた商品を回収することは必要なことです。古い家電を回収するのは簡単ですが、問題はその家電をどう処分するかです。処分するためには産廃選別をしないといけません。産廃選別はかなり細かく分類されていますので、家電を回収している人の知識だけでは対応することが難しくなっています。産廃選別が難しいということは、どれを区分けしてどこに捨てたらいいのか分からないので、そのためには産業廃棄物を処理しているプロの業者に廃棄を任せるといいでしょう。業者に任せることによって、家電の廃棄は産廃選別をしっかりと行いますので家電販売店としては助かります。

業者を選ぶ

テレビやパソコンやエアコンなどはリサイクル料がかかってきます。リサイクル料がかかってくるということはそれだけ産廃選別に手間がかかるということになります。産廃選別のためには、どこかのスペースに産業廃棄物をまとめて置いてから後で産業廃棄物の収集を業者がするという流れになります。リサイクル料がかかってくる商品をまとめておけばいいだけですので、特に難しい手間はありません。産廃選別の業者は何社かありますので、その中から選ぶことになります。業者選びの際は、その店舗のHPを観覧するのをおすすめします。HPにはこの業者のサービスや今までの実績を確認することができるので、それを参考にして自分と相性の良さそうな業者を選ぶといいでしょう。

選別はプロにお任せ

男性

法人が産業廃棄物を処理するためには産廃選別が必要です。産廃選別は産業廃棄物処理業許可を受けた中間処理場に任せる必要があります。リサイクルなどもあるため、自分たちで粉砕や小さくすることなくそのまま中間処理場に任せましょう。

もっと見る